読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内視鏡手術

こんな言葉を知っているだろうか。

「ペンは剣よりも強し」

 

こんにちは。流星群です。

最近ほんとに病的に朝眠くて目が覚めても身体を起こせなくて、用事がないときはだいたい12時まで寝てしまいますね、はい。

 

しかし今日はある夢のおかげでスッと起きられました。その話をしたいと思います。夢を人に話していいのか?バクのコックさん

 

まず朝の教室に俺と高橋くんと村松研のノッポと留年の4人でだべってるシーンから始まりました。

留年「外雨降ってない?」俺「〇〇〇〇〇?」ノッポ「ワハハハハ」。。。。

留年「風つよくね?」俺「〇〇?」ノッポ「ワハハハハ」。。。。

みたいな完全におかしな会話をしてました。この時僕はある特定フレーズをいってノッポを笑わせてたのですが、これが全然思い出せないんですよね。

教室の黒板の位置らへんにうろちょろのヘッダーが表示されてて、「月80本のAVを販売する仕事をしています。」とあってさすがうろちょろと思いました。そのとき何故か僕は今ならうろちょろに気づいてもらえると思って体感トレーニングの横に寝て片足をあげるやつを必死にやってました。これは鮮明に覚えてます

 

ついでシーンは変わって、タカさんと日村とビビる大木と俺の4人(SPが何人かついている)で地下の駐車場みたいなところにいて、いきなり日村が「猫好きだっていいだろ!!」っていいながら火薬鳴らす鉄砲?みたいなやつを乱射しまくって俺らはそれから逃げるみたいなシチュエーションになったんですけど、壁に追い詰められてもうダメだってなったときに、SPが「ここは私が止めます」って言って仁王立ちしたら

その瞬間にアラームが鳴って

「ここは俺が止めなきゃ」

みたいな使命感でアラーム止めました。そしたらスッと起きれて「ハゲのSP……ありがとう……」って気持ちになって予約してた洗濯物が洗い終わってるの確認して干してこれ書きました。

 

ねむい